銀行の融資は家にいながら受けられる時代


銀行からお金を借りるには、キャッシングを利用するのが一般的でしょう。 キャッシングはお金を借りるという意味合いがありますが、高額な融資は含まないのが普通です。 カードローン、フリーローンなどの、お手軽に借りられる小口ローンを指しています。

100万円の融資を受けることができれば、銀行からの信用が高いと考えていいでしょう。 キャッシングは担保を必要としないため、無担保ローンよりも個人に対する信用度を高く求められます。 安定収入、他社借り入れ実績は特に重視されます。 ただ、それほど深刻に考える必要はなく、少額融資のローンなので比較的借りるのはカンタンです。 キャッシングほど審査に通りやすいローンはないのです。

キャッシングを利用できない方が、自動車ローンや住宅ローンに申し込んでも、まず借りられないと思ってください。 銀行からお金を借りるには、インターネット契約という方法もあります。 「銀行の場合は絶対に窓口に行かないといけない」と考えている方は多いのですが、これは昔の話です。 今はネット契約が中心となりつつあり、家にいながら契約できるくらいです。

銀行・ローンの種類により、ネット審査と窓口契約を併用するものも多いですが、すべて家にいながら契約できる商品もあります。 カードローンタイプは、カードが発行されればあとはコンビニで借り入れできます。 そのつど銀行に行く必要がなく、早朝・深夜でもコンビニで利用できるのです。 もちろん、返済もコンビニでOKです。



銀行から借りられない理由とは?


金欠のときに銀行からお金を借りるには、ネット→自動契約機という流れで契約するのが最もスピーディーになります。 電話契約もポピュラーですが、審査項目をすべて話して伝える必要があるため、抵抗があるという方もおります。 ネットの場合ですと人と話すことはありませんし、ここで審査を終わらせておけば自動契約機ですぐにカードが発行されるので、借り入れまでは半日もかかりません。 昔であれば銀行からお金を借りるには、審査に数週間を要することもあったのですが、ネットの普及とキャッシングなどの小口ローンの登場により、消費者金融並みに借りやすくなったのです。

審査通過率は7割以上となっていますから、借りられる確率のほうが間違いなく高いのです。 貸金業法改正後は、「借りたくても借りられない」という方も増えましたが、借りられないには理由があるものです。 一番の理由は、すでに返済能力いっぱいまで借りていることであり、続いて過去のローントラブルがあげられます。

つまり、借りられない原因のほとんどは自分にあるため、これらの原因を解消していけば借りられるのです。 年収2,000万円の方でも、総量規制が適用となるキャッシングでは700万円の借り入れはできないのです。 一般的サラリーマンの方ですと、最高で100万円〜150万円くらいの範囲になると考えておいたほうが無難でしょう。 過去のローントラブルに関しては時間が解決してくれます。 ブラックリストの登録は5年を超えない範囲とされるので、その期間を超過していれば審査を受けることができます。

▲外部参考:銀行からお金を借りる
わたしの参考サイトです。

銀行からお金を借りる銀行カードローンでお金を借りる銀行キャッシングお金を借りる方法30万借りる50万借りる